3.SolidWorksの基本操作方法
7. 幾何拘束と寸法を追加する
@幾何拘束の追加
 自動で拘束が付かなかった部分について手動追加します。
 図のように2つの直線に「等しい値」、2つの頂点に「水平」拘束を追加します。                  

 追加の方法は、次の2つがあります。
 1)Ctrlキーを押しながらエンティティを選択した後、画面左のプロパティマネージャーに表示される各種拘束を選択する。
 2)「幾何拘束の追加」アイコンを選択後、エンティティを選択し画面左のプロパティマネージャーに表示される各種拘束を選択する。                      
 
A寸法の追加
 スマート寸法を使って、寸法を図のように追加します。
 
 エンティティが全て黒色になります。
 この状態を「完全定義」といいます。
 完全定義については、後の章で説明します。
>前頁 このページのトップ 次頁<
Copyright (C) テクノD&S 2010. All Rights Reserved.